Python IDEの選択:PyCharmのインストール手順とAnacondaの連携【初心者向け】

プログラミング

はじめに

「IDE(統合開発環境)」とは、プログラムを書くためのソフトウェアのことです。プログラマーや開発者がコードを書いたり、プログラムを改良したりするのに使います。

IDEは、プログラマーや開発者が効率的に作業できるように支援し、エラーを見つけたり、プログラムを改良したりするのに役立ちます。要するに、IDEはプログラミングのための便利な作業場所であり、プログラミングをより手軽に行えるようにしてくれるツールです。初心者でも、IDEを使うことでプログラミングがより楽しく、効率的になるでしょう。

この記事ではPythonプログラミングのための統合開発環境「PyCharm」について説明していきます。
今回も画像付きでインストール方法から説明していますので参考にして下さい。

1. PyCharmとは

PyCharmとは何か

PyCharmはPythonプログラミングのための統合開発環境(IDE)です。IDEはプログラマーにとって作業環境のようなもので、コードの書きやすさや開発プロセスの効率化に役立ちます。プロジェクトを簡単に管理し、スムーズに作業を進める手助けをしてくれます。

2. Anacondaとは

Anacondaとは

AnacondaはデータサイエンスとPythonプログラミングのためのツールキットです。Pythonだけでなく、多くのライブラリやデータサイエンスツールを含んでいます。

ここまでの記事でAnacondaについて説明していますので、初めて御覧の方は下記記事もご参照下さい。

3. PyCharmとAnacondaを連携してみよう

PyCharmとAnacondaを連携する理由

PyCharmがコードのエディターとして優れている一方、Anacondaはデータ処理と解析に特化しておりこれらのツールを組み合わせることで、効率的な開発環境を構築できます。

3.1. PyCharmをインストールする

PyCharmのダウンロードページからダウンロードします。
Windows版はこちらから

上部に有料版のインストールページがありますが、スクロールすると無料版のダウンロードリンクがありますので無料版をダウンロードします。
※商用利用の場合は有料版のインストールが必要です。

ダウンロードが完了したら、ファイルを起動しインストールガイドに沿って、インストールを進めます。

ショートカットを作成する場合はここにチェックを入れます。

インストールが完了したら、「Run PyCharm Community Edition」 にチェックを入れて「finish」を押し、Pycharmを起動します。

利用規約が表示されるので、内容に合意し 「I confirm that I have read and accept the terms of this User Agreement」 にチェックを入れ、 「Continue」 をクリックします。

必要に応じて選択してください。

選択が完了するとPyCharmが起動します。これでインストール完了です。

Customizeを選択するとカラーテーマやフォントサイズを変更する事が出来ます。
黒い画面が見にくい場合はカラーテーマを変更しましょう。

3.2. 新規プロジェクトを作成

ProjectsからNew Projectを選択し、新規プロジェクトを作成しましょう。

ハイライトの部分がプロジェクト名(フォルダ名)ですので任意のプロジェクト名を入力して下さい。
例として、python_programmingと設定します。

3.3. PyCharmとAnacondaを連携する

Previously configured interpreterにカーソルを合わせAdd interpreterをクリックし、Add local interpreterをクリックします。

System interpreterを選択し、Interpreter:にAnacondaを設定していきます。

<No interpreter>右側の … ボタンをクリックし、anaconda3\python.exeの保存先を指定します。
インストール時に特に指定していなければ下記画像と同じ位置にインストールされていると思います。
 ※ここでchikaはユーザ名ですのでそれぞれのユーザ名に読み替えて下さい。

OKを押すとinterpreterが設定されますのでCreateを押しプロジェクトを作成します。

新規プロジェクトが作成されました。
作成直後はプロジェクト下部のScanning files to index…等の表示部でインストール中の表示がされています。interpreterのライブラリ等をインストールしているので暫く待ちます。
何も表示され無くなればインストール完了です。

3.4. TerminalのPATHを設定する

Terminalやコマンドプロンプトからpythonが使用出来るようにPATHを設定します。

Windowsの検索欄に環境変数と打つと環境変数を編集と表示が出てくると思いますのでこれをクリックします。

Pathにカーソルを合わせ編集をクリックします。

新規ボタンをクリックし

anaconda3 と anaconda3\Scripts を追加します。

優先的に起動する為、上へボタンで位置を上に移動し OK ボタンを押します。
これで環境変数の設定が完了し、Terminalからpythonが操作出来るようになりました。

5. まとめ

この記事では、「IDE(統合開発環境)」とは何か、つまりプログラムを書くための特別なソフトウェアであることについて説明しました。IDEは、プログラマーや開発者にとって非常に便利なツールで、コードの作成やプログラムの改良を支援してくれます。そして、この便利なツールは初心者から上級者まで、どんなプログラマーにも役立つものです。

IDEとして紹介したPyCharmは、Pythonプログラミングのための優れた環境を提供しています。この記事では、PyCharmの基本的な使い方を画像を交えて分かりやすく解説しました。また、データサイエンスやPythonプログラミングのツールキットとして重要な「Anaconda」についても触れ、PyCharmとAnacondaの連携方法を紹介しました。

PyCharmとAnacondaを組み合わせて使うことで、プログラミングやデータサイエンスのプロジェクトを効率的に管理できます。そして、簡単な手順に従ってPyCharmをインストールし、プロジェクトを作成し、Anacondaと連携させる方法を紹介しました。

最後に、Terminalからの操作についても触れ、Pythonを簡単に使えるように設定する方法を紹介しました。IDEの活用は、効率的に作業する手助けとなります。どのスキルレベルのプログラマーでも、IDEをマスターすることで、プログラミングがより楽しく、効果的に行えることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました